楽職

自分らしい楽しい職探しをサポートするブログ

サラリーマン(会社員)におすすめの副業5選!

f:id:rakusyoku:20170613173940p:plain

会社勤めをしていると、不満のひとつとしてあがるのが給料の少ないこと。

転職理由の上位にもなっており、「もっとお金が欲しい!」と想うのは、誰もが感じる自然な欲求です。

かといって、すべてが満足できる転職なんて、簡単にできるものではないですし、たいていの場合、何かは犠牲になるもの。

出来るだけ犠牲にするリスクを減らしてお金を得るには副業が手っ取り早いですから、サラリーマンで副業を考える人が増えています。

ただ会社が副業を禁止していることもあるため、しっかり就業規約を確認するのはもちろんですが、本業に差支えがない副業がおすすめ。アルバイト以外でどのような副業があるのか、簡単にお金になるものから、収入が倍増する副業までまとめてみました。

 

リクルートエージェント

サラリーマンが副業を始めるきっかけは?

現在では副業を認める企業も増えたためなのか、20代~40代の2割くらいの人が副業をしているそうです。

単に、もっとお金が欲しいといっても、その理由はそれぞれ。副業を始めるきっかけは何があるのでしょうか?

自分のお小遣い稼ぎのため

f:id:rakusyoku:20170613172207p:plain

家庭を持っているサラリーマンなら、自分のお小遣い稼ぎのためというのがもっとも多い理由でしょう。

独身であれば、給料をすべてお小遣いにあてることも出来ますが、家庭があるサラリーマンのほとんどは、限られたお小遣いしか貰えない。独身時代の浪費癖が抜けない人にとっては本当につらいですね。

会社の給料は妻に握られていても、副業は自分のお小遣いとしている人がほとんどですから、浪費癖のある人が副業を始める割合は、2割より多い3割以上でしょう。

 

本業の将来性の不安

リーマンショック以降は、大企業でも先行きが不透明という考えが浸透しつつあり、本業の将来性に不安を抱える人が増えてきている。

景気が徐々に回復しているとはいえ、中小零細企業に勤めている人であれば、その不安はもっと大きいですから、「1ヵ所からだけではなく複数から収入を!」という考えにシフトしているのも、副業を始めるきっかけになっています。

 

転職のためにスキルアップを目指す

本当にやりたいと思った職業に就いている人はほんの一握りなので、将来的にやりたいことが出来る職業に就くため、副業でスキルを積み上げようと思っている人もいます。

趣味に近い好きなことをしながら、収入を得ることが出来る場合もあるので、一石二鳥ですね。

 

独立するための資金稼ぎ

f:id:rakusyoku:20170613172231p:plain

現在の仕事で独立しようと考えている場合でも、資金がなければ難しいですから、その為に副業という人もいます。

また、今の仕事ではなく、別の仕事で起業するための資金稼ぎという考え方もあります。

どちらも借金してリスクをとるよりは、副業で着実に目的を遂行するという人ですね。

 

おすすめの副業5選!

休日や仕事が終わってから出来るアルバイトであれば、労力に対しての対価なので、誰でもお金をゲットできますが、ここでは出来るだけ労力をかけない副業をメインに紹介します。

もちろん、初めから少ない労力で収入を得ることはできないですが、どんどん楽になるレバレッジが効く副業です。

 

1. アフィリエイト(商品販売の仲介業)

f:id:rakusyoku:20170613172255p:plain

市場規模が年々拡大しているアフィリエイトは、誰でも簡単に始められるうえ、うまく行けば莫大な収入を得られるのが大きなメリット。

パソコン1台とネット環境があれば、好きな時間にどこでも仕事ができ、無料ブログなどを利用すれば金銭的なリスクがほとんど無いので、たくさんの人が始めています。

初めからすぐに収入にならないというデメリットはありますが、いったん収入が得られるWebサイトを構築すれば、後は少ない労力で勝手にお金が振り込まれます。

 

2. クラウドソーシング

f:id:rakusyoku:20170613172421p:plain

仕事を依頼したい人と、その仕事がしたい人を結びつけるマッチングサービスがクラウドソーシング。こちらもネット環境があれば、隙間時間で多種多様の副業ができます。

翻訳や記事作成、WEBサイトの作成やデザイン、画像作成、ロゴ作成などを受注するというもの。すぐにお金になるというのが大きなメリット。

クリエイターであれば、得意な仕事のスキルをそのままお金に還元でき、自分の裁量で空いた時間で収入を得るのですから合理的。記事作成の仕事も多いので、やる気さえあれば、文章くらい誰でも書けますし、慣れればさらに楽に収入を得られます。

ただし、単価が安い傾向にあるため、数をこなさなくてはならない点がデメリット。主なところは、クラウドワークス、ランサーズ、クラウディア、ココナラなどです。

 

3. ネットオークション(せどり)

f:id:rakusyoku:20170613173332p:plain

ネットオークションというと、自分のいらないモノを売ることを目的としていますが、自分で見つけてきた商品を高く売る転売でも現金を得られます。

現在ではフリマアプリやメルカリなども活発ですから、こうしたサイトからレアな商品や需要のある商品を見つけ、転売でさらに高値で取引されることも。

トレンド的な側面もあるため、需要の動向などを見極める力さえあれば、意外と簡単に際限なく稼ぐことが出来ます。

しかし、商品が売れ残るリスクがあるうえ、収益を上げるために売買を多くすれば、本業にかける労力が副業に入れ替わっただけとなりかねないのが、デメリットです。

 

4. ネットショップの開業

f:id:rakusyoku:20170613172313p:plain

趣味などで工芸品やアクセサリーを自作しているという人には、ネットショップの開業がおすすめ。また、海外から需要のある商品を輸入して、販売する方法もあります。

ネットショップの開業というと、いくつかのハードルを越えないといけないように感じますが、お金に多少の余裕があれば、クラウドソーシングでサイト制作を依頼すれば安くできます。

集客力に自信がなくても、WebショッピングモールであるAmazonや楽天に出店すれば、集客されているところで商品を紹介するのですから、売れやすいです。

利用料は発生しますが、様々なサポートが受けられるため、高年齢の人でもかなりの金額を稼いでいる場合もあります。

ネットショップは一度つくれば24時間、365日、注文に対応できるのがメリット。レバレッジも効きやすい。ですが、商品の発送に人手がいることがデメリットです。

 

5. 株式投資・FX

f:id:rakusyoku:20170613172516p:plain

株式投資やFXはリスクが高いというイメージですが、賢く行えば十分に副業になります。

知り合いでも、株式投資やFXで稼いでいる人が多いのですが、個人的には稼ぐ人には2つ共通点があると思っています。

ひとつは、はじめる前にシミュレーションに時間を費やす。

シミュレーションを何回も繰り返して、実際に得するまで株を購入しないですし、準備期間も相当長いので、とりあえず購入してから学ぶというスタンスをとっていないですね。

FXも同様で、普段そんなに口数が多くない人でも、FXの話しになれば延々と話しています。

もう一つは、他に競馬や競輪などのギャンブルをしても熱くならない。もしくはやらない。

そもそも、お金を稼ぐために株式投資やFXをやるので、熱くなりやすいですが、損したとしても株とFXともに冷静なのが印象的。冷静だからこそ、同じ過ちを繰り返さないように感じます。

あくまで稼いでいる人をみた個人的な感想ですが、株式投資とFXは向いている人と向いていない人がいると思うので、向いている人におすすめです。

 

最後に!

副業を始める人が多くなっているのは、会社員の平均年収が頭打ちになっているのも理由。ピーク時の1997年の505万円から2015年には420万円まで下降しており、増えない給料にポジティブな生活がイメージできないため。

1997年までは平均年収が右肩上がりだったため、将来を不安視する人も少なかったのでしょうが、平均年収の下降が今後も続けば、その穴埋めに副業する人が増えていくでしょう。

パソナキャリア