楽職

自分らしい楽しい職探しをサポートするブログ

40代で介護職に転職しても大丈夫?未経験OKでも不安に感じることを解説!

f:id:rakusyoku:20170625175102p:plain

いざ転職しようとしても、40代で未経験の職に就くのは勇気がいるものですが、未経験でもOKの介護職の求人が多いので気になりますね。

本来なら自身のスキルを活かした転職が有利に違いないですが、諸事情で他の職種に活路を見出そうとする場合、介護職はいい転職先に思えます。

 

どの介護施設でも人手不足が最大の悩みとなっており、今後37万人の人材が不足すると言われています。

つまり、売り手市場が半永久的につづく業界なので、未経験の40代であってもスキルを積みあげれば、職を失うことがない。

今や大手企業でさえ、経営が立ちいかなくなることもしばしば。リストラされればたちまち生活に困ってしまうため、売り手市場の介護職に魅力を感じる人も少なくないですね。

ただ、良いことばかりでないのも事実。人手不足となる職種にはそれなりの理由があり、だからこそ、ためらう人も多い。介護職にまつわる不安について、理解しておきたい事をまとめてみました!

カイゴジョブ

 

40で未経験でも勤まるのか?

f:id:rakusyoku:20170613173940p:plain

いちばんの不安はココですね。40代にして右も左も分からない業界に飛び込むのは誰でも不安ですが、身体的に不安がない人であれば、全く問題ないでしょう。

実際に介護に携わっている人の年齢は高いですから、40代であっても若手とまでは言えないですが、中堅くらいの感じ。

男性、女性にもよりますし、地域やその施設にもよるので、一概には言えないですが、40代の男女ともに未経験でも介護職に就く人がかなり多いですし、50代でも活躍している人がひじょうに多い職種です。

一般的にはスキル的な問題は何もなく、「やる気」だけの問題です。

ただし、介護職といっても施設によって内容が少し異なるため、例えば、リハビリなどを目的とした「老健」ではスキルがいることも。特別な施設を選ばなければ、一般的には経験がなくても大丈夫です。

 

介護職にまつわる不安

f:id:rakusyoku:20170606134024p:plain

・給料が安い

・体力的にきつい

・ニオイがきつく、汚いイメージがあるが…

・人間関係がよくないのでは

給料が安い

40代ともなれば、家庭を持っている男性が多いでしょうから、もしかしたら給料が安いのが一番の不安かも。

もちろん、資格をとって給料を上げることも可能ですが、それでも他の職種と比べると給料は安い傾向。男性の中にはこっそり副業をしている人もいます。

ですから、給料を一番に考えている男性が就く仕事ではないのは明らか。女性の場合は、企業の一般事務職と比べて大差はないですから、女性が多い職場となるのでしょう。

体力的にきつい

介護は肉体労働なので、初めはやっぱり体力的にきついと感じる人も少なくないですが、慣れてくればそこまで肉体的な苦痛を感じなくなります。

体の不自由なお年寄りが相手なので、はじめは力の入れ具合が分からず無駄に体力を消耗しますが、コツさえつかめば40~50代の女性がメインの施設も多いので、体力に自信がない人でも大丈夫です。

そもそも、60代の人でも働いているくらいですから、お風呂担当にならなければ、たいていの女性は勤まります。

 

ニオイがきつく、汚いイメージがあるが…

さすがにオムツ替えの時には、ある程度のニオイを覚悟しなくてはいけないですが、そもそも介護施設で汚いのはNGですから、施設内に嫌なニオイはないです。

施設内に入る人は、面会にくる人も含めて手洗いやうがいを徹底されている施設がほとんどですから、もしかしたら自宅より常に清潔な環境です。

もちろん、中にはNGの施設もあるでしょうから、必ず見学することをおすすめします。私が十数施設見学した中にはないですが、念のためです。

 

人間関係がよくないのでは

女性が多い職場に限らず、コミュニケーション能力が低い人だと、職場に馴染めるのかという心配もありますが、こればかりはその施設で働く人によります。

ですが、ほとんどの施設で人手不足になっている傾向なので、お互いに協力し合わないと回っていかないため、人と人の関係は良好な職場が多いです。

 

介護職に転職するにあたって注意したいこと

・変なプライドは捨てたほうがいい

・入所者とその家族の対応

変なプライドは捨てたほうがいい

40代ともなると、前職である程度の地位に就いていた人もいるので、ある程度のプライドもありますが、介護の仕事に関しては初心者なので、変なプライドは自分の立場を悪くします。

例え、自分の子供と同じくらい年齢の人にきびしく指導を受けたとしても、素直に受け入れる度量がないと、小さな器ではお互いに嫌な思いをするだけでなく、仕事にも影響します。

特別に低姿勢になることはないですが、とくに女性より男性が注意したいことですね。

男性職員も増えていますが、まだまだ女性メインの職場なので前職と同じような感覚でいると、大変なトラブルになることも。ささいな失言が大きな問題になることも珍しくないです。

 

入所者とその家族の対応

職場で良好な関係を築きたいと誰もが思うこと。それには同僚だけでなく、入所者とその家族の対応も大事です。

社会人としてのマナーを心得ている40代ということもあり、もしかしたら施設によっては、面会にくる家族への対応の指導まで受けないかも。

ほとんどの施設運営側は、この家族からのクレームをめちゃくちゃ重要視しているので、疎かにすると立場を悪くします。挨拶はもちろん、言葉づかいや態度には同僚以上に注意をはらいましょう。

ただし、入所者の希望でも受け入れて「良い事」「悪い事」があるので、はじめは小さな事でも指示を仰ぎましょう。

 

実際に介護職に転職するには?

f:id:rakusyoku:20170613172313p:plain

色んなところで求人を見かける介護職なので、お近くのハローワークや新聞の折り込みを介して応募することも出来ます。

ただ、こうした求人は情報そのものが乏しく、求人件数が多すぎることもあるため、適当にえらぶ人もちらほら。

施設は何も「特養」や「老健」だけではなく、「有料老人ホーム」「デイサービス」「デイケア」「在宅介護サービス」など様々なので、将来も見据えて考えるのであれば、はじめに情報収集だけでも怠らないほうがいい。

ちなみに、介護職の3年以内の離職率は60%以上といわれており、乏しい情報から適当に選んでしまうことも、その要因の一つでしょう。

とうぜん初めての人は、働くうちに他の施設のほうがより良い条件で働けるという知識も付いてくるため、施設を変わる人が多いことも影響してこの数字なので、長く同じ施設で働きたい人はしっかり選びたいものです。

はじめは無資格でも働けますが、資格取得の費用を負担してくれる施設もありますし、資格を取ることでどのくらい給料に反映されるかも、施設により違うため、介護に特化した求人サイトの活用がおすすめです。

メドフィット

f:id:rakusyoku:20170625174558p:plain

「メドフィット」は介護と医療において、一般には知ることが出来ない「非公開求人」もたくさん取り扱っているため、求人案件がひじょうに多い求人サイト。

希望にあった求人情報をエージェントが紹介してくれる求人リサーチ代行サービスもあり、現職が忙しく仕事を探す時間がない人、より良い条件でという人におすすめ。

初めて介護職を目指す人のメリット

転職のプロであるキャリアエージェントから、介護について疑問に思うこと、面接日程、円満退社のアドバイスまで、細かいサポートが受けられます。

希望条件を伝えれば、複数の求人を紹介してもらえるため、転職活動の時間も省けます。

詳細⇒ 介護職員の求人紹介・転職なら ★メドフィット★

カイゴジョブ

f:id:rakusyoku:20170626150423p:plain

「カイゴジョブ」は介護と医療の求人案件を多く取り扱っている求人サイト。

カイゴジョブにしかない求人はもちろん、ハローワークで取り扱っている介護求人4万件も確認できます。

全国規模で介護の求人情報を探せるうえ、正社員やパートといったそれぞれの雇用形態も多くあり、働き方の希望にあった施設を選ぶことが出来ます。

会員登録すれば、メールで希望条件に合う求人の案内が届く場合もありますし、キャリアコンサルタントによる無料の転職支援サービスも受けられます。

詳細⇒ 介護福祉の転職ならカイゴジョブ

かいご畑

f:id:rakusyoku:20170625174617p:plain

「かいご畑」は福祉に重点をおいた介護求人サイト。雇用形態は紹介派遣が中心なので、女性で正社員にこだわらない人におすすめ。

はじめて介護で働きたい人から、介護福祉士やケアマネージャーの資格を持ち、より良い条件を探している人まで求人を取り扱っています。

無資格者のメリット

かいご畑にスタッフ登録をすれば、介護の仕事をするうえで必要となる「介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)」の資格講座の受講料が全額免除になるというメリットがあります。

短期通学コースなら取得まで1ヵ月半なので、無資格で1ヵ月半はたらきながら資格を取得し、給料アップを目指せます。

また、スタッフ登録していれば毎月のセミナーが無料ですから、介護士としてのスキルアップにも繋がりますね。

詳細⇒ 介護専門求人サイト かいご畑