楽職

自分らしい楽しい職探しをサポートするブログ

転職先が決まっても退職できない?!円満退社に向けてすべき正しい退職の仕方!

f:id:rakusyoku:20171027173306p:plain

いざ、転職先が決まったとしても、今の会社に退職を渋られなかなか退職できないというトラブルは後を絶たないですね。

せっかく内定が出たのですから、後は安心して気楽に過ごしたいものです。

何より上司や同僚とギスギスした空気のなかで働くのは辛いもの。今回は円満退社するための退職の仕方について書いてみました。

 

リクルートエージェント

退職の流れ

これまでに退職したことのある人ならご存知でしょうが、全く退職経験のない人は知らないかもしれないので、簡単に退職の仕方について書いておきます。

退職するにはまず、上司に退職する意思を伝え退職願を提出します。

その後、業務の引き継ぎなどを行い、退職日までを過ごします。

これだけです。

やること自体は簡単なんですが、人間関係や業務の内容などが絡んできて、簡単に退職できないという自体が起こる場合があるのです。

 

退職する意志を伝える

まずは、あなたが退職したいという意志を直属の上司に伝えましょう。

転職予定日ギリギリで伝えてはいけませんよ。

会社のほうにも仕事の都合がありますからね。転職予定日から十分な余裕を持って、早めに退職意志を伝えます。

多くの場合では、2ヵ月前に退職意志を伝えるべきだと言われています。ですが、会社によって都合は異なるのであくまで目安としておきましょう。

 

実際に退職を伝える場面では

f:id:rakusyoku:20171027173410p:plain

場所は周囲に誰もいない、上司と自分がふたりきりになれる場所が良いです。

いきなり退職の話題を切りだせば、相手も混乱するため前もって、

「相談したいことがあります、短い時間でけっこうですので少しお話させていただけませんか」

という旨を伝えておきましょう。

多忙な上司の場合、なかなか時間をとってももらえないかもしれないので、早めにお願いしたほうがいいです。

できれば、電話よりメールのような記録が残るものが良いですが、中には「電話じゃないとダメ!」という上司もいます。上司の好みに合わせましょう。

そしていよいよ退職意志を伝えることになるわけですが、その際に重要なのははっきりと「退職します!」と断言することです。

 

退職理由は

このとき引き止めてくる上司も多く、「何が不満なのか?」、「待遇を改善するから会社に残ってくれ!」とか、あるいは「あそこの会社に転職するのはやめたほうがいい!」とか、いろんなことを言ってきます。

ですが、もう転職する意志をかたく決めているわけですから、はっきり転職する意志を伝えましょう。

中にはこの段階で迷ってしまう人もいますが、そういう場合はそもそも転職活動をする前に今の会社で待遇、状況を変えられないか、上司に相談してみるべきでした。

転職活動の準備を怠っていたと言えるでしょう。

そこで退職理由ですが、下手に会社の不満を言ってしまうと、

「来年度から希望に添えるように改善していく」

などと言われて引き止められてしまいがち。そもそも、すでに退職する決意をしているのですから、不満をいったところで気持ちがスッキリするだけ。そんな事には何のメリットもありせん。

会社の不満を理由にするのではなく、ポジティブなことを理由にしましょう。

「ぜひやってみたい仕事がある」

など、キャリアアップや仕事のやりがいを理由にするのがいちばん、そしてその内容は今の会社でできないことであるのが望ましい。自分の興味が今の会社よりも次の会社に向いていることを伝えましょう。

そして、退職願を出します。これは会社によって用紙が用意されていることや、文面の形式が決まっていることもあります。

詳しいことは、上司や総務がよく知っているので聞いてみましょう。

 

仕事の引き継ぎ

f:id:rakusyoku:20171027173703p:plain

最後の仕事は引き継ぎ。自分がしていた仕事を次の人にまかせるための準備をしていきます。

実際にすることは、マニュアルの作成や後任教育などです。

具体的に誰が後任となるか決まっている場合は、その人物と相談しながら進めていくことができますが、まだ後任が決まっていない場合もあります。

その場合は、マニュアルの作成など今できることをやっていくと、引き継ぎがスムーズにいきます。

 

何よりも大切なこと

円満退社のために大切なのは、何よりも早期に退職意志を伝えておくことです。

いきなり「退職します!」となると、ドタバタしますからね。

できるだけ今の会社に迷惑がかからないように行動しましょう。

そしてもう一つのポイントは、会社にあなたを引き止めるための口実を与えないこと。

退職理由は今の会社に不満があるのではなく、次の会社に興味とやりがいを感じているのだと話しましょう。

とにかく焦点を今の会社から離していくことが大切です。

さて、ここまで円満退社するためのポイントについて書いてきましたが、上司によってどうしても円満退社ができないケースがあります。

と言いますのも、部下の退職は上司の管理能力の評価にも関わってきますので、どうしても退職を渋る上司がいるんです。

中には退職を受けいれてくれない上司もいます。

そうした場合はより上の上司や人事に相談したり、最悪の場合は労働基準監督署に相談したりすることになります。

また、併せてこちらも参考にしてください!

⇒ スムーズに会社を辞める際、必要となる5つのステップ

転職サイトDODAで求人探し

 

すぐ転職するには?転職期間が長引くのは転職の準備が原因!

地方の求人を探すには? Uターン転職で失敗しない進め方!

第二新卒の就活を厳しくしているのは自身の思考に原因があるかも?

第二新卒に有利になる資格はどれ?職種別にアピールできる資格を紹介!