楽職

自分らしい楽しい職探しをサポートするブログ

20代の転職活動でやってはいけないNG行動5つ!

f:id:rakusyoku:20170820142318p:plain

誰しもが不利なく転職活動をしたいもの。ですが、20代の求職者は自身の思い違いで、やってはいけないNG行動をとっていることもしばしば。

なかなか転職先が決まらない人は、もしかしたらそのNG行動が原因かも。

人の感じ方や捉え方はそれぞれですが、「これくらいは大丈夫」と思っていることが、自分で自分の首をしめる結果になることも。

思い込んでしまうとなかなか気付けないですから、応募書類から面接まで、20代転職活動でやってはいけないNG行動を5つ紹介します!

 

リクルートエージェント

履歴書などの応募書類でNGになること

f:id:rakusyoku:20170820142343p:plain

証明写真(1)

転職活動において、履歴書は名刺と同じような価値を持ちます。

それなのに、証明写真を自撮りした写真を使うのは相手に対して失礼ですし、スピード写真機も避けるべき。

ちゃんとした写真店でプロに撮ってもらえば、適度に見栄えの良い修正も施してもらえますし、服装などの身だしなみについても、問題があれば指摘してくれます。

たかが証明写真と思わず、写真1枚で不利益を被るのはもったいないですね。

 

誤字脱字や書き間違い(2)

応募書類の誤字脱字はもちろん、漢字の間違いや前職の会社名を間違えるなど、何回も見直しがきく書類において、こうした事はあってはならない事。

自分の事ですら、まともに出来ないという印象を持たれ、「仕事を任せられるのか?」という不安を持たれます。応募書類は、信頼できる人に確認してもらいましょう。

 

面接でNGとなること

f:id:rakusyoku:20170820142407p:plain

第一印象が悪い(3)

相手に与える印象は、はじめのたった5分ほどの第一印象でほぼ決まります。

いったん「こんな人だ!」と思われると、後の面接時間はその検証のために費やされます。

あいさつ、礼儀、言葉遣いなど、社会人として当たり前のことを当たり前にできる基本が大切。ふだんから出来ていない人は、いざ面接となると挙動不審な印象を受けることもあります。

ただでさえ、色んなことに注意を払わないといけない面接ですから、当たり前のことまで注意を払っていては、ぎこちない感じになりますね。

その他にも、「話す声が小さい」「不適切な言葉使い」「相手の目を見て話さない」「服装や髪型」などのマイナス印象も、はじめの5分で判断されるため、思い当たる人は改善しつつ、面接の初めの5分に全精力を注ぎましょう。

 

前職を批判する(4)

20代であれば、仕事は続けたいがやむを得ず退職するというケースより、何らかの嫌なことが理由で仕事を辞めたい、というケースがほとんどでしょう。

そもそも嫌な事があるから辞めたいのであって、何も問題がなければ辞めたいという感情がわかないですから、職場環境などを批判したくなるのは当然。

ただ、その理由をそのまま答えると、マズイことになります。とくに自分には何の落ち度もないと思う退職理由に限って、前職の会社の批判を強調する傾向にあるため、面接官が受ける印象は最悪です。

ネガティブな理由で転職がうまく行くことはまれ、すべてが自分の価値観に合う会社なんて皆無ですから、批判的な表現はストレートに答えず、せめてぼかすことを心掛けましょう。

出来ればネガティブな理由は封じて、ポジティブな転職理由を用意しましょう。

 

面接で実力をアピールしすぎ(5)

不安でいっぱいより、自信は持っていたほうが良いに違いないですが、アピールしすぎるのも良くありません。

はじめて会う面接官がそれを聞いてどう感じるか?

仲の良い友人なら違和感がないことでも、はじめて合う人に必要以上に実力をアピールされても、「だからナニ?」となるだけ。

そもそも20代で高スキルだったとしても、実務経験は乏しい場合がほとんど、経験を伴わないスキルであれば、評価はされにくいものです。

面接で自分を売り込むことは大切ですが、面接官が知りたいのは自慢げなアピールではなく、これまでの実務経験。そこから求職者の実力を推し量るのです。

例え、自分にその実力があったとしても、それを自分で判断するかたちのアピールになってはいけません。謙虚さも忘れないようにしましょう。

 

最後に!

良い転職を実現するためには、こんかい紹介した5つはしっかり押さえておきましょう。

世の中には様々な転職テクニックが紹介されており、テクニックを磨くことでよい転職に繋がるのは確かですが、テクニックは基本があってこそ活きるもの。

紹介したNG行動は基本的なことですから、ここをすっ飛ばしてテクニックだけ磨いても、面接官に違和感を与えるだけですよ!

 

転職はDODA