楽職

自分らしい楽しい職探しをサポートするブログ

ブラック企業への転職を避けるため、求人情報から見抜く方法!

f:id:rakusyoku:20170807142311p:plain

誰でもブラック企業への就職や転職は避けたいもの。

ところが、魅力的なつり文言に免疫のない人は、ブラック企業を選んでしまうこともしばしば。

なぜなら、優良企業よりブラック企業のほうが、心に突き刺さるキャッチコピーに長けているため。

それでも求人広告にはブラック企業であると推測できる表現があるものです。

さらにブラック企業を避けるためには、利用する就職・転職サービスにも注意したいですね。

そもそも、ブラック企業の求人が多くを占めていれば、確率的にブラック企業を選びやすいですから、スタートですでに危うい状態。今回は求人情報から見抜く方法と、おすすめの転職サイトを紹介します!

 

リクルートエージェント

求人情報から見抜くには?

f:id:rakusyoku:20170807141659p:plain

給与の詳細が不明瞭で現実的でない

ハローワークや求人サイトで転職希望者に関心を持ってもらうために、給与を高く設定しているケースが多い。

転職希望者の心理からすれば、給与の高いところに興味を持つ人がほとんどなので、あえて給与を高めに設定しています。

しかし、その給与体系について詳しく記されておらず、求人情報では読み取れない不明瞭なケースは注意したいですね。

また、自己努力しだいで給料が高くなるという表現を使っている求人や、年収300万円~800万円といった感じで、現実的には考えられないほど給与に開きがあるケース。

高ノルマや長時間残業をクリアすれば可能というケースが多く、クリアできなければ低年収。そもそもその前に身体が悲鳴をあげて去ることになります。

 

アットホームな職場をアピールしている

「アットホームな職場です」といえば聞こえはいいですが、ブラック企業の典型的なキャッチコピーのひとつ。

本来であれば、業務内容や給与などでアピールするところ、働きやすい職場を訴えているのは、業務内容や給与などでは転職希望者に見向きもされないから。さらに、退職理由の上位を占めているのは人間関係ですから、多くの人に共感されやすいため。

まだ、本当に働きやすい職場であれば救われるかもですが、こういったところは真逆のケースが多いです。

閉鎖的な職場環境である場合が多く、末端で働く社員の意見が上層部に届くことがないうえ、外部の良いところを取り入れない。

つまり、より良い職場にするという改革の意識が乏しく、何が問題なのかすら上層部に伝わっていないので、何の問題もない人間関係の良好な職場になります。

 

業務内容を巧みな言葉で装飾している

業務内容がセールスやクレーム対応と記すと、どうしても応募が少なくなるため、巧みな言葉で装飾して求人募集されがち。

セールスは「ソリューション営業」や「営業企画」など、

クレーム対応は「カスタマーサポート」や「ヘルプデスク」、

確かに、セールスで伺った客先で購入した際のメリットを提案して、積極的にアプローチしていく営業スタイルですし、クレーム対応もサポートやヘルプと言い換えても嘘ではありません。

巧みな言葉で装飾している自体が悪いのではなく、こうした言葉につられて入社した人は、「思っていたのと違う!」と感じるため、すぐに辞めていく人がほとんど。

なので、つねに人手不足という問題を抱えており、残っている社員に無理強いされがちです。

 

熱意だのやる気だの、やたらと精神論を強調している企業

熱意だのやる気だのといった言葉ばかりで、業務内容についての詳細が乏しい企業も基本的な待遇の低さがみえます。

また、「感動」や「成長」、「夢」という聞こえのよい言葉を連呼するだけで、業務内容をぼかして根拠が伴っていないのも注意したいですね。

 

頻繁に求人掲載している企業

いつも求人を見かけるという企業は離職者が多いケースが多く、年中人手が足りていないために、求人を掲載している。

そもそも離職者が多いのは、その企業体系にも何らかの問題があり、採用してもすぐに辞めてしまうのです。

 

なぜ、ハローワークはブラック企業が多いのか?

f:id:rakusyoku:20170807141723j:plain

ハローワークは求人掲載が無料なので、求人広告にお金をかけるメリットがないブラック企業には都合が良いのです。

すぐ辞めることを見越して採用しているブラック企業からすれば、その求人にお金をケチるのは当然。たくさん採用したうちの何人かが残ればいいという考えなので、求人にお金をかけられないのが実情。

一般的な求人サイトや求人情報誌に載せる場合、企業は広告費を払う必要があり、費用対効果が悪すぎとなるため、無料で求人掲載できるハローワークを利用する傾向にあります。

もちろんハローワークにも優良企業はありますし、広告費をかけるブラック企業もあるでしょうが、あくまでも確率の話し。

ハローワークでは、1年経っても2年経っても同じ企業が永遠と掲載しているケースが見受けられます。

また、ハローワークに記されている待遇に嘘があったとしても、労働基準法違反にあたらないことも、ハローワークにブラック企業が多い要因なのでしょう。

 

 求人誌を見て就職しましたが、求人誌に書いてあった給料や勤務時間などの条件と実際の条件が違っていました。これは労働基準法違反ではないのですか?

 労働基準法第15条には、労働条件の明示が定められていますが、この条文で言う労働条件の明示とは労働者個々人に対して書面で明示される労働条件のことです。つまり、求人誌やハローワークに掲載されている求人票はあくまでも募集の際に提示する労働条件の目安であり、労働基準法第15条で定める労働条件の明示には該当しません。

参照元:厚生労働省 

 

おすすめの転職サービスは?

f:id:rakusyoku:20170807141626j:plain

ハローワークより転職サイト、転職サイトより転職エージェントですね。

自分で探す転職サイトより、企業の内情をよく知るキャリアコンサルタントに相談できるため、ブラック企業を選んでしまう可能性はだんぜん低くなります。

キャリアコンサルタントのもとには、様々な方面からブラック企業の情報が入ってくるため、自分だけで判断するより必然的にブラック企業を避けられます。

求職者からすれば、どの支援サービスを利用したとしてもすべて無料ですし、ブラック企業へ行きつく可能性が低くなるので、転職エージェントがおすすめです。

しかし転職エージェントにも欠点があり、特定の業界に特化したエージェントや、都市部だけしか扱っていないエージェントもあり、おすすめは全国の求人案件を扱っており、全ての業界に精通している「リクルートエージェント」「DODAエージェント」です。

⇒ リクルートエージェントとは?3分で理解できる特徴と疑問 - 楽職

⇒ DODAエージェントとは?特徴と登録方法をまとめてみた! - 楽職

 

最後に!

たとえ転職エージェントを利用しなくても、ブラック企業を選ばないためには、魅力的に感じる求人は一度立ち止まって信頼できる人に相談してみましょう。

一旦よく感じてしまうと、どうしても良い面をクローズアップしてしまうのが人間ですから、良い面と悪い面を客観視できる他人の考えも重要ですよ!

 

転職はDODA