楽職

自分らしい楽しい職探しをサポートするブログ

20代~30代で年収ダウンでも転職するべき3つのケース

f:id:rakusyoku:20170721133911p:plain

転職を希望していたが、いざ求人を探してみると現職より年収がダウンしてしまう。こうしたケースは珍しくないですね。

家庭を持つ40~50代であれば転職するメリットはほとんど無いかもですが、20~30代前半であれば、年収ダウンでも転職したほうがいい3つのケースを紹介します!

 

リクルートエージェント

1.職場環境や人間関係がわるい場合の転職

f:id:rakusyoku:20170622152547p:plain

職場に馴染めず人間関係でも悩んでいる人は、年収が下がったとしても転職した方がいいケースもあります。とくに新卒ではじめて仕事に就いた人ですね。

・致命的に今の仕事と社風が向いてない

・人間関係が悪く抑うつ状態

その会社の社風というのは、部署異動してもほとんど変わらないですから、致命的に仕事が向いてないと共に、社風も致命的に向いていないと、適度な人間関係を築くのは難しくなります。

例えば、1ヵ月以上も前から旅行のために有給を申請して許可してもらっていたのに、旅行前日になって、「仕事が忙しくなったから仕事するのが当然!」という風潮の会社も存在します。

これを抵抗なくすんなり受け入れられる人なら、ストレスを抱えることはないですし、会社から評価されるポイントのズレも生じないでしょうが、自分の意識が社風と致命的に違うと、いくら努力しても評価されず人間関係もうまく行かない。

何事もうまく行くかどうかは、突き詰めれば「努力が足らない」か、「努力する方法がほんの少しズレている」この2つだけ。

社風と自分の意識がズレていると、不満がたまるだけでなく、抑うつ状態になることもあるので、そういった場合は転職して年収ダウンでも、仕事に対する満足度が高くなります。

また、近年問題となっているパワハラ、常態化している会社もあるため、自分が過ごしやすい環境を手に入れる転職は、逃げではなく前向きな行動です。

 

2.プライベートの時間が確保できる転職

f:id:rakusyoku:20170721133856p:plain

現職よりプライベートの時間がとれる転職であれば、たとえ年収が下がったとしても、時給換算すれば1時間当たりの時給が高くなることもあります。

営業などでは残業代が出ない場合もありますし、残業代がしっかり支払われる製造業だったとしても、貴重なプライベートの時間を削って成り立っている年収であれば、決して満足できないですね。

プライベートの時間が今より確保できる転職であれば、

・自分の趣味やスポーツに使うことが出来る

・将来に向けての自己投資する時間が持てる

・家族と一緒に過ごせる時間が持てる

こうした時間を削って高い年収を得ても、自分の欲求のために使う時間がなければ、一般的には幸福度は低くなる。お金が大好きな人はそれでもいいかもです。

転職により「年収がどのくらいダウンするか」「プライベートの時間がどのくらい確保できるか」にもよりますが、今の時間とお金を比較して、どちらに高い幸福度を感じるかを考えてみましょう。

 

3.異職種、異業種にチャレンジする場合の転職

f:id:rakusyoku:20170704145242p:plain

現職の将来を不安視している場合や、キャリアを積んで将来は独立したいと考えている場合、20代の現在の年収が下がったとしても、長期的な視点でみれば生涯年収は高くなるケースもあります。

いわゆる「キャリアチェンジ」「キャリアアップ」というやつですね。

今は良くても、先細りの業界で働き続けるリスクの回避。自分の労力を会社に搾取されないように独立。

という想いの人は、現在のことより将来を見据えて年収ダウンでも転職するべきです。

異職種や異業種に転職すれば、今までのスキルを活かせない場合がほとんどですから、一時的な年収ダウンも仕方がない。

「いやいや、今より年収を下げてまでチャレンジしたくない!」という人は、転職しないほうがいいですが、この先どのくらいの年収まで上がるか見えてしまいガッカリしているなら、一時的な年収ダウンより生涯年収が高くなる方法を選ぶほうが幸福度にもつながります。

 

最後に!

年収アップすれば生活水準が上がりますが、目先の高い給料にこだわり過ぎると、自由の効かない生活が一生続くことにもなりかねないです。

今現在、現状の年収を維持するべきか、それとも生涯年収や高い幸福度を重要視すべきか、現状は人それぞれなので選択もそれぞれでしょうが、タイミングはとても重要です。

なぜなら、20~30代前半までのキャリアやスキルにより、その後のステータスを決めてしまう傾向にあるからです。長期的になにを重要視するかをもとに、決断しましょう!

転職サイトDODAで求人探し