楽職

自分らしい楽しい職探しをサポートするブログ

Uターン転職で後悔する理由!

f:id:rakusyoku:20170719162004p:plain

転職サイトが多くなっているためなのか、Uターン転職する人が年々増加しています。

その理由は、前向きな動機からやむを得ずまで様々ですが、Uターン転職で後悔する人も増えているようです。

後悔する理由には何があるのか?Uターン転職に関心のある人に向けて、後悔しないために知っておきたいことを紹介します!

 

リクルートエージェント

Uターン転職を考える理由

f:id:rakusyoku:20170719162028p:plain

マイナビ転職が、Uターン転職を考えている20~39歳の男女500名を対象に行った調査では、以下のようになっています。

1.自分に合った生活スタイルや趣味を生かした生活がしたいから (32.0%)

2.家庭の事情(親の世話をするなど) (24.8%)

3.勤めていた会社に不満があるから (23.8%)

4.地元の方が生活環境が充実するから (22.6%)

5.地元の方が経済的に楽だから (21.2%)

6.地元は自然環境が豊かだから (20.2%)

7.通勤が楽になるから (19.2%)

8.地元の地域活性化に貢献したいから (16.8%)         

9.地元に住宅や土地などの資産があるから (16.0%)

10.地元に友人や協力してくれる支援者がいるから (12.8%)

 

参照元:マイナビ転職

およそ3人に1人が「自分に合った生活スタイルを求めて」という、プライベートの充実を求めていることがわかります。

今の生活に無いものをUターン転職で叶えたいというのが本音。地方に行けば、それが「叶いそう!」というイメージを抱く人が多いですね。

ただ、このアンケート調査は若い20~30代を対象にしているので、これが30~40代を対象に調査すれば、おそらく「家庭の事情」や「地元に住宅や土地などの資産があるから」という理由の割合がもっと多くなるのでしょう。

 

Uターン転職で後悔する理由

・地方に転職したら年収が下がってしまった

・希望する職業の求人が少ない、もしくはほとんどない

・電車などの公共交通機関が充実していないため、車は必須。その維持費がかかるので生活が厳しい

・そもそも人口が少ないため、近所の人すべてと付き合うことになり、付き合いたい人を選べない(近所付き合いが面倒)

・娯楽が少なく、あっても自宅から遠い

・下水道などのインフラが整っておらず、衛生的にマズイことも

Uターン転職で年収が下がるのは知られている事なので、後悔する理由には当てはまらないように感じますが、生活費が安く済む地方ならチャラと考えている人は要注意ですね。

確かに、食料品や家賃などは安く済むでしょうが、電車やバスなどの交通機関が乏しいため、通勤や買い物に車が必要となり、車の維持費にお金が消えていく。持ち家なら固定資産税もかかり、想像していたより生活費の負担は大きくなります。

もっと給料の高い企業を望んだとしても、そもそもの求人数が少ないですから、年収アップに繋がらず、想定外の支出が重なり後悔する理由にもなっているのでしょう。

 

また、自分が入りたいコミュニティーがなく、付き合いたい人も選べるほど人がおらず、選択できるほどの多様性がない。近所つき合いでは、嫌いな人でも付き合わなくてはいけないので面倒になります。

都市部なら整っていて当然のインフラですが、下水道が全く手つかずという地域もありますし、家畜等の強烈なニオイすら無法地帯になっているところも珍しくありません。

想定されるデメリットの情報収集が足りていないと、こんなハズではなかったという事になるのでしょう。

 

Uターン転職で後悔しないためには

f:id:rakusyoku:20170719162050p:plain

人生設計を明確にする

親の介護でやむを得ずUターン転職という場合もありますが、Uターン転職で生活スタイルを変えたいという場合、どういう人生を送りたいかを明確にすることが大切。芯がなくここが曖昧になっていると、後悔する確率がグッと高くなります。

 

家族の理解

他にも、独身でなければ家族の理解も必要。よく話し合わず、家族が何の覚悟も持っていない状態で地方へ転居すれば、家族のストレスや不満は相当なもの。メリットだけでなく、デメリットもしっかり伝えて理解を得ましょう。

 

給料の良い企業を探す

地方暮らしではどうしても車が必要になるので、自分だけでなく家族も車を運転するなら、さらに維持費がかかります。給料の良い企業を探すのは必須条件。

その地域にもよりますが、中には今より年収が増えるケースだってあるので、しっかり選ぶことが大切です。

 

最後に!

Uターン転職は「楽しい」ではなく、「正しい」で選ばないと後悔する確率が高くなります。

楽しそうでUターン転職を決めると、意識がメリットだけに向いてしまい、デメリットにまで思考が行き届かなくなるため、想定外のことが起きる原因に。

Uターン転職で年収が下がる傾向にあるといっても、地域によっては逆転もあり得るため、希望する地域の情報をしっかり収集して、準備する事をおすすめします。

 ハローワークなどでも求人情報の収集はできますが、全国規模でより多くの求人案件を扱っている転職エージェントなら、様々なアドバイスもしてもらえるため、後悔する確率が低くなりますね。おすすめは「リクルートエージェント」です。

リクルートエージェント