楽職

自分らしい楽しい職探しをサポートするブログ

30代で介護職へ転職するメリットと介護資格を紹介!

f:id:rakusyoku:20170710184043p:plain

30代で転職を考えた時、未経験でも採用されやすい介護職への転職も選択肢の一つとして、候補に挙げる人も多いことでしょう。

介護というと女性の多い職場というイメージですが、男性でも他業界から介護業界へ転職する30代や40代が少なくありません。

ただ、介護業界に積極的になれない人が多いのも確か。「給料が安い」「体力的にきつい」「汚い」よく言われているこうした事が引っ掛かりますね。

デメリットがあればメリットがあるのも確か。30代で介護職へ転職するメリットと介護資格を紹介します!

 

カイゴジョブ

30代で介護職へ転職するメリット

f:id:rakusyoku:20170524161639p:plain

介護の仕事はデメリットばかりがクローズアップされますが、実際にはたくさんの人が働いているのですから、必ずメリットがあるものです。

将来的に職を失うリスクが少ない

今や、大手優良企業に就職したとしても、定年までの生活が保証されているわけではないので、「業績が悪化してリストラされたら生活に困る」などの不安は尽きないですね。

景気が回復し、人手不足の現在ではそういった不安を感じる人は少ないでしょうが、過去をみても景気は必ず上下しているので、悪くなった時には好景気の時に採用された人が真っ先にリストラの候補。

一般的には年齢が上がっていけば、高年収となり企業の負担大ですし、上にあがっていけば役職のポストがどんどん少なくなるため、ダブついた同年代の人が人員の削減対象になるのは明らか。

売り手市場の今だから好条件で転職できるチャンスですが、裏を返せば景気が悪くなった時には…。バブル時に就職した人のその後を見れば一目瞭然ですね。

それに対し介護職であれば、景気が悪くなったとしても、給料が今より下がることはないですし、30代であれば介護の現場ではまだ若い方に入るため、スキルアップしていけば管理職だって十分に可能です。

さらに、何らかの理由で転居したとしても、介護施設は全国各地に存在するため、職に就けないということは少ないです。

 

人助けにやりがいを感じる人は満足度も高い

やりがいを何に感じるかは人それぞれですから、上司や会社に評価されてやりがいを感じる人もいれば、高年収にやりがいを感じる人もいます。

基本的に介護職は利用者の人助けをする仕事なので、人から感謝されることにやりがいを感じる人は、介護の仕事に対して満足度が高くなります。

それに対し、一般的な企業は利益を出してナンボなので、うまく会社の利益に貢献できれば評価され、年収もアップしてそれが満足度に繋がるのでしょうが、努力しても報われないことのほうが多いため、ストレスは相当なもの。

そもそも自分の評価は他人が評価するので、本当の評価とは異なるため、そこにギャップが生まれ、体調を崩す原因にもなり得ますし、人間関係がギクシャクする原因にもなります。

しかし、介護の仕事であれば自分がしたことがダイレクトに伝わり、よくも悪くも直に受け取ることが出来ます。

 

介護職にはどんな資格があるの?

f:id:rakusyoku:20170704145543p:plain

未経験でなにも資格を持っていなくても、介護職へ転職するのは可能ですが、給料アップにもなるため、資格は取っておいたほうがいいですね。

当然のことながら、その資格の費用が発生しますが、「介護職員初任者研修」については負担してもらえる施設もあるので、転職の際はそういった点も踏まえて探すと良いでしょう。

介護職員初任者研修

介護職員初任者研修は、以前はヘルパー2級と呼ばれていたもので、介護職として働くための基本的な知識と技術を学ぶことを目的とした研修。なので、費用さえ負担すれば誰でも受けられ、修了試験もないです。

介護職員初任者研修は平均3ヵ月ほどで修了できますし、介護職に就いてからでも受講できるので、介護職として働くのであれば取得しておきたい資格です。

 

実務者研修

実務者研修は、今のところ唯一の国家資格である「介護福祉士」の資格を取得するために必要な資格です。

介護職員初任者研修よりかなりボリュームのある内容となっており、介護に関する知識や技術だけでなく、医療的なケアも習得する内容となっており、実務者研修も修了試験はなく、受講することで修了となります。

 

介護福祉士

介護福祉士は、毎年1月に試験が実施される唯一の国家資格なので、とうぜん落ちる人もいます。合否の発表は3月末。

介護福祉士を受けるには条件があり、介護福祉士養成校の卒業、または実務者研修が修了しており、さらに介護の実務経験が3年以上でないと受けられません。

未経験で転職しても、すぐに取得できる資格ではないですが、30代で転職するのであれば給料アップにも繋がるため、目指したい資格です。

 

最後に!

会社勤めで30代ともなれば、プレッシャーがかかる仕事を任されたり、親の介護が必要となったりして、転機を迎える人はたくさんいます。

そういった諸事情から介護職に就く人が増えており、今後も伸び続ける業界なので、転職先の一つに考えるのも悪くはないですね。

その際、後悔しないためにも就職先はしっかり選びたいものです。求人雑誌や新聞広告、ハローワークなど、たくさんの介護職の求人情報が載っていますが、より詳しく情報を得るには転職サイトの利用も考えてみましょう!

 

おススメの介護専門の転職サイトはこちら

詳細⇒ 介護福祉の転職ならカイゴジョブ

詳細⇒ 介護専門求人サイト かいご畑

かいご畑