楽職

自分らしい楽しい職探しをサポートするブログ

介護職から他業種への転職で失敗しない為に確認すべきこと!

f:id:rakusyoku:20170628103324p:plain

介護職は「給料が安い」「仕事がきつい」といった理由から、離職する人も少なくありません。

しかし、「介護職から他業種への転職は難しい」といわれており、他業種への転職を希望する人にとっては切実な悩み。

介護職からの転職をなにが阻んでいるのか?その理由と失敗しない為に確認すべき事をまとめてみました!

 

リクナビNEXT ネクス子

他業種への転職が難しい理由

f:id:rakusyoku:20170625175102p:plain

一般企業は即戦力を希望している

中には「未経験者OK」と言ったフレーズも見かけますが、一般的には即戦力が欲しいのは当然。

そもそも「未経験者OK」の求人は誰でもできる仕事が多いため、給料が安い傾向にあるため、「給料が安い」という理由で介護職から離れたいのであれば、希望に合致しないですね。

これは何も介護職に限ったことではなく、中途採用する企業側からすれば、業種にマッチした資格や経験がある人を優先的に採用します。

しかし、他業種の資格や経験というのは、他の業種でも活用できるものが多いですが、介護の資格や経験というのは介護職に限られてしまう。

そういった理由から、転職先がなかなか決まらない事が多々あり、転職を難しくしているのでしょう。

 

転職できたとしても仕事に馴染めないことも

一般企業はサービス業であっても、利益を意識して働いていますが、介護に携わっている人はそういった意識をもつ機会がほとんどないため、転職できたとしてもうまく行かないことが多い。

介護の職場はある意味特殊な環境なので、長年こうした環境に身をおいていると、会社の利益となることを意識した働き方を求められても、なかなか意識が変わらない。

それが職場での立場を悪くする要因になり、感覚の違いから職場に馴染めないですし、周りから理解もされず、転職を繰り返すことも。

こうした意識の違いを理解して行動しないと、転職に成功することは難しくなります。

 

転職を成功させるには?

f:id:rakusyoku:20170619145039p:plain

業種えらびも重要

確かに、介護職から他業種への転職はきびしい側面がありますが、だからといって無理ではないのも事実。

どのような仕事でも、何らかの経験を積んできているのですから、介護職で培ってきた強みを整理してみると、コミュニケーション能力が高い傾向にあります。

常に人と繋がっている仕事ですから、色んなトラブルにも対処しなくてはいけないですし、職員同士の協力も欠かせない仕事ですから、柔軟性があり臨機応変な考え方ができ、粘り強いというのも強みでしょう。

本人は意外と気付いていないものですが、施設の利用者さんを行動させるのは、一般の人には簡単にできないものですし、他業種の人より相手のことを理解する能力にも長けています。

そういった強みを活かせる業種を選ぶことが出来れば、他業種への転職でも成功しやすいでしょう。例えば、

・ホテルや飲食関係などサービス業

・保険の外交員

・福祉用具リース会社などの相談員など

もちろん、未経験OKの業種でも魅力を感じるのであれば、チャレンジするべきです。

 

転職の目的を明確にする

「給料が安い」「仕事がきつい」だけが転職理由では、どの仕事に就いても長続きしないでしょう。

介護だけが辛い仕事というわけではないので、将来も見据えた計画性がないと、どんな仕事でも楽しい事のほうが少ないため、ポジティブな目的を持つことが大切。

本当にやりたい仕事があるなら、必要となる資格をとったり、その勉強をしたり。何も思いつかなければ、興味のある業種のセミナーに参加したり、その資料を取り寄せたり。

何らかのポジティブな理由も持たなければ、結局なんのための転職だったのか、後で後悔する可能性が高いです。

 

情報収集と就業条件の確認

介護職に限らず、転職を成功させるには情報収集は欠かせません。

ハローワークの求人情報もネットで検索できる時代ですから、気になる職種や業種があれば、その会社のホームページをチェックしましょう。

ただし、ハローワークに載っている給料や就業条件はあまりアテにできないため、鵜呑みにすると危険です。

どの会社でも良い事ばかり載せるのが常。全てではないですが、中には給料や就業条件が「全然違う!」というのは良くある話。

いくら求人情報にしっかり記載されていても、重要なことは必ず面接等で確認しておくべきです。

 

転職サイトの利用

ハローワークの求人の中には、終了している求人情報が混じっている場合もありますし、とりあえず求人を出しているだけ、という会社も存在するので、かなり疲れますね。

そういった事に時間を割いていては、良い転職なんてできないですから、転職サイトに登録するほうが合理的。(情報収集などに使う時間も削減できます)

転職エージェントであれば、様々なサポートを受けられ、非公開求人の数も多いですから、利用するだけの価値はあります。

こうした転職支援サービスなら、給料や就業条件が違うなんてことはないので、そういった確認の手間も省けますし、面接の対応から日程調整までしてもらえます。

ただし、こうした転職サービスは提供している地域が限定されてしまうので、全国規模の求人情報を扱っているところを選びましょう。

リクルートエージェント

⇒ リクルートエージェントとは?3分で理解できる特徴と疑問 - 楽職

転職はDODA

⇒ DODAエージェントとは?特徴と登録方法をまとめてみた! - 楽職

20代ならマイナビエージェントは特におすすめ

マイナビエージェント

⇒ 20代に強いマイナビエージェントとは?その特徴をまとめてみた! - 楽職

東京、大阪、名古屋地域の20~40代の人におすすめなのは「パソナキャリア」。こちらは派遣でも多くの求人を扱っています。

パソナキャリア

⇒ 年収アップ率が高いパソナキャリアとは?エージェントの特徴をまとめてみた! - 楽職

 

最後に!

介護職からの転職は、将来のビジョンをしっかり持つことができれば、決して難しくはないので、ポジティブな理由づけをしましょう。

採用する企業からすれば、経験がある人より「やる気」のある人に魅力を感じるものです。

例えば、履歴書に○○の資格取得のために勉強中とでも記載しておけば、評価されやすいです。もちろん、嘘ではなく本当に努力しないとダメですよ。