楽職

自分らしい楽しい職探しをサポートするブログ

リクルートエージェントとは?3分で理解できる特徴と疑問

f:id:rakusyoku:20171010140411p:plain

数多くある転職支援サービスのなかでも圧倒的な求人件数をほこり、質も高いと評判の「リクルートエージェント」は業界最大手。

転職成功実績No.1という事もあり、今までに約37万人の転職をサポートし、成功に導いた転職エージェントですが、すべての人が満足できるとは限らないのも事実。

「ちょっと強引すぎる」といったネガティブな口コミも見られ、利用するにあたって最低限の知識がないと、希望とはかけ離れた転職になることも。

はじめて転職エージェントを利用する人でも理解できるように、基礎的なことも含めて紹介します!

 

リクルートエージェント

そもそも転職エージェントとは?

f:id:rakusyoku:20170425104322p:plain

・一般には公開されていない求人情報を得られる

・専門のアドバイザーが担当につく

・電話や面談で転職の希望を話すことで、アドバイスしてもらえる

・自分に合いそうな求人を数多くの中から紹介してもらえる

・応募したい求人には、アドバイザーから手続してもらえる

・面接までのフォローも担当してくれる

転職支援サービスにもいろいろあり、よくあるのが転職サイトですね。

転職サイトは公開されている求人情報から自分でエントリーするのが基本ですが、転職エージェントは専門のアドバイザーから求人の紹介をはじめ、面接に至るまで指導をしてもらえる。

つまり、アドバイザーと2人3脚で転職活動を進めます。このサービスを受けてもすべて無料という、転職を希望している人にとっては、ありがたいサービスです。

リクルートエージェントの特徴

最大の特徴は圧倒的な求人数。どの職種が強みという事も、自分に合った転職をするには大切な要素ですが、質を得るにはある程度の求人数は必要ですから、数に勝るものはないですね。

同業の転職エージェントと比較しても、2位以下とは2倍以上の差。非公開求人が90%以上を占めているので、登録してはじめてその求人数に圧倒されます。

とくにリクルートエージェントが強みを発揮するのは、外資・グローバルキャリア系。最大手という事もあり、企業側も優秀な人材確保にリクルートエージェントは外せないという思いが働くのでしょう。

 

リクルートエージェントを利用するメリット

f:id:rakusyoku:20170425104353p:plain

一般的な転職エージェントと同様に、希望する職種の求人紹介、応募書類や面接のアドバイス、面接の日程調整などはもちろん、業界最大手のリクルートエージェントは求人件数が多く、参加無料の面接力向上セミナーも受けられます。

 

転職エージェントサービスの中では求人件数が最多

一般には公開されていない非公開求人は約10万件。金融、不動産、コンサルタント、ITエンジニア、経営幹部、営業、企画、事務、電気・機械系技術職など、幅広い職種が魅力。

 

約37万人の転職をサポート

1977年の創業開始から現在まで、すでに37万人の転職をサポートしており、その転職活動に関わる採用情報の蓄積も半端ないので、成功確率が上がります。

 

全国に17ヵ所あり土日にも対応

リクルートエージェントは東京本社をはじめ、北から札幌、仙台、宇都宮、立川、埼玉、千葉、横浜、長野、静岡、名古屋、京都、大阪、神戸、岡山、広島、福岡にあるため、首都圏でなくても利用でき、土日の相談にも対応しています。

 

リクルートエージェントにデメリットはあるの?

諸々のことを考えれば、転職を思い立ったら無料のリクルートエージェントを利用しないほうが損という感じになりますが、

・メールなどの対応が遅い、もしくは詳細が抜けている

・強引な時がある

・そっけない対応をされることもある

リクルートエージェントに限ったことではないですが、自分のスキルと希望する職種がかけ離れていると、技能訓練所ではないのでキャリアエージェントにそっけない対応をされることも。

そもそも、人材を求める企業と求人者のマッチングが基本の成果報酬型なので、求職者の質により力の入れ方が違ってくるのは当然。

リクルートエージェントの場合、1人のキャリアエージェントが100以上担当しているといわれているため、「メールなどの対応が遅い」「強引な時がある」といった口コミなども見受けられます。

大手の転職エージェントほど、この傾向が強いかもですね。

キャリアエージェントといっても企業に勤める会社員なので、結果を出さなければいけないのは当然ですから、人により対応が異なるのは仕方がない。

ただし、担当者によって異なることなので、相談してから考えても損はないですね。無料ですし。

あくまでサービスという枠組みを考えれば、重要なことは自分で確認する、最終的な判断は自分ですることを前提に利用すれば、デメリットはないですね。

 

素朴な疑問???

f:id:rakusyoku:20170425104409p:plain

転職エージェントの仕組み

【企業とリクルートエージェントが契約する】 ⇒ 【リクルートエージェントと求職者(我々)が面談する(1時間30分ほど)】 ⇒ 【求職者の希望を元に、求職者がもつスキルを加味したうえでアドバイザーが企業を紹介する】 ⇒ 【面談をして内定ならエージェントに報酬が支払われる】

 

非公開求人とは?

一般公開できない求人のことで、転職エージェントを利用する一番のメリット。

リクルートエージェントでは求人の約90%が非公開求人となっており、その数なんと約10万件(2017年5月)。個人で転職活動しても知ることがない案件です。

 

職種を決めてなくてもいいの?

転職について明確な方向性がなくても、アドバイザーに相談したうえで、転職活動の進め方を一緒に考えます。

 

紹介されたら応募するのは義務なの?

たとえ、紹介されても応募するかは本人しだい。キャリアエージェントが企業に個人情報を提供することはないです。

 

個人情報の扱いは?

個人情報は厳しく守られており、リクルートエージェントは1999年9月に転職エージェント業界で初めて「プライバシーマーク」使用を認定されています。

 

最後に!

転職に成功するには、複数の転職エージェントの活用が欠かせないですから、求人件数が最多のリクルートエージェントは必須ですね。

こうした転職サービスはどうしても首都圏に集中しますが、全国に17ヵ所もあり土日にも対応してくれるので、現職の仕事をこなしながらでも、転職活動するための時間が捻出できます。

また、Uターン・Iターン転職を希望する人にも力強い転職サービスです。

リクルートエージェント