楽職

自分らしい楽しい職探しをサポートするブログ

第二新卒の就活を厳しくしているのは自身の思考に原因があるかも?

f:id:rakusyoku:20170515160632p:plain

第二新卒というと、新卒入社したがツライ事ばかりで仕事を辞めたいと思っている人にとっては、とても響きのいい言葉。

第二新卒の経験が乏しい事くらいは、求人を出している企業側も心得ており、スキルを求められることはほとんど無いため、転職が有利に運ぶハズ。

 

しかし実際には、厳しい転職活動となるのが現状。第二新卒という言葉に踊らされて、転職に失敗しないためにも、厳しい現状と心得ておきたいことを紹介します。

 

企業側からみた第二新卒の魅力

f:id:rakusyoku:20170403114535p:plain

第二新卒とは一般的に25歳くらいまでの人を指し、若くて柔軟性のある第二新卒はそのポテンシャルが期待されています。

その他には、

「前の会社に染まっていないので、未経験でも会社に馴染みやすい」

「少しは社会経験があり、向上心がある」

くらいでしょうか。確かに、若さは転職において最大の武器ですが、これって企業側からすれば別に第二新卒でなくても良いですよね。

新卒採用すればいいだけのこと。いま現在、人材が足りないから若い第二新卒に魅力を感じて募集するだけであって、新卒採用より第二新卒が欲しいと思う企業は、そんなに多くはないと考えるのが妥当です。

 

第二新卒の就活が厳しくなる理由

f:id:rakusyoku:20170502104821p:plain

第二新卒の求人は数多くありますが、前述したように企業が第二新卒を採用するメリットを考えれば、大手企業や人気のある優良企業の求人はそんなに多くはない。

当然のことながら、第二新卒枠での求職者はそういった企業に集中するため、厳しい就職活動となり、その結果、下記のことが起きます。

・書類選考がまったく通らない

・希望する企業が第二新卒を募集していない

・退職したい理由がうまく説明できない

 

書類選考がまったく通らない

誰でも、理想の企業から応募するため競争倍率はかなり高く、新卒の場合より書類選考がまったく通らなくなります。

第二新卒に積極的な転職サイトや転職エージェントでも、第二新卒の書類選考の通過率は2割程度といわれており、転職のプロの指導を受けて書類作成してもこの程度ですから、とても厳しく感じます。

 

希望する企業が第二新卒を募集していない

もしかしたら、この企業に入れるかもなどと思って、自分が就きたいと思う企業を探してみると、そもそも第二新卒枠としての募集がないことに気付く。

大手や優良企業が第二新卒枠で募集することも少ないですが、特別な職種によっては第二新卒枠がない場合もあります。

あったとしても、一般公開されていない場合が多いため、非公開求人を多く持っている転職エージェントに登録しないと、見つけることすら出来ない。さらに、その求職者のポテンシャルにもよるので、紹介されないこともあります。

希望する企業や業種がある場合は、複数の転職エージェントに登録して、現職のまま待機することをおすすめします。

 

退職したい理由がうまく説明できない

「なぜ、退職したのですか?」「なぜ、退職したいのですか?」といった質問は必ず投げかけられます。転職者にとっては、いちばん答えづらいところ。

企業側からすれば、「どうせ、うちもすぐ辞めるのでは?」といった疑問は必ずありますから、納得させる退職理由を準備できなければ、採用する企業などないですね。

人事担当者だって企業の一員でしかないため、採用した人材には責任があり、それが人事担当者の評価となって、待遇に跳ね返ってきます。

ですから、人を見る目にはそれ相応の能力があり、同じような求職者を何人もふるいに掛けているため、適当な退職理由をつけ加えても簡単に見透かされてしまう。

そこを乗り越えるだけの理由が必要ですが、誰でもしっかりした退職理由があるわけではないので、つじつまが合わなくなることを避けるためにも、書類作成の段階から退職理由はしっかり考えるべき。

そもそも、病気や倒産などが理由の就職活動ではない転職者に対して、企業が持つイメージは良くないのが実情。ここをはき違えて転職活動すれば、相当なポテンシャルがない限り、その時点でアウト。厳しいですがこれが実情ですね。

 

第二新卒の転職を成功させるには?

f:id:rakusyoku:20170329193956p:plain

第二新卒の転職が厳しいには違いないですが、強い向上心を持つ人であれば、転職によって高いステータスを手に入れることができます。

ダメなケース

「何となく仕事が合わないから辞めた」では、退職理由を探すのに大変。というより、嘘の上塗りとなるだけで、相手の心に響くハズがない。その結果、メチャクチャ妥協した転職となります。

現職でなんの努力もなしに、強い向上心なんて芽生えないですし、納得される退職理由なんて思い浮かばないです。

良いケース

裏を返せば、自分が辞めたいと思う現状に対して、解決するという努力をすれば、おのずと退職理由が固まりますし、納得されやすくもなります。

「現職でこの問題に対して○○のように努力しましたが、△△のようにダメだした。」

と、具体的に努力した内容が答えられると、共感してくれる人事担当者もいます。

ただ、こうした問題の取り組みは、3ヵ月や半年努力したからといって、結果がともなうわけではないので、「最低3年は続けなさい」といわれるのです。

そう考えれば、1年以内の転職はよほどの理由がない限り、成功させるのは難しいですね。

仕事を辞めたい理由

・社内での人間関係がイヤ

・もともと好きではない仕事だった

・業務内容がイメージと違っていた

・残業や休日出勤、ノルマなどで仕事がキツイ

・年収が低い

・転勤などで職場が遠くなる

転職を考えはじめる理由はそれぞれでしょうが、どれか一つではなく、複数が積み重なってというケースは転職理由が曖昧になります。

ですが、努力したこと自体が社会経験になり、企業側からすればその経験が第二新卒を採用するメリットでもあります。

 

最後に!

何か欲しいものがあれば、それなりの努力をするハズ。転職になると、「書類を作成する」「転職理由を考える」「求人情報を仕入れる」などが、努力していると考える人も少なくないですね。

確かにこれも努力ですが、その前にすべき努力がゴッソリ抜けてしまっている。もちろん、病気などによる退職は例外ですが、現職で努力した経験のない人は、第二新卒で成功には繋がらない。

企業側が第二新卒に求めている事を考えれば、第二新卒を厳しくするのは結局のところ、自身の思考しだいですね。