楽職

自分らしい楽しい職探しをサポートするブログ

第二新卒で転職するメリットとは?知っておきたいデメリットも紹介!

f:id:rakusyoku:20170511154940p:plain

企業というのは、実際にそこで働いてみないと分からないところが多いので、せっかく入社したにもかかわらず、すぐに辞めたいと思う人も少なくないですね。

そこで、「第二新卒」で転職を考える人も多いですが、「本当に会社を辞めてしまってもいいのか?」疑問や不安も同時に生まれてきます。

 

そもそも第二新卒とは、学校を卒業して1~3年以内に転職、就職を目指す25歳くらいまでの若者ですから、デメリットに関しては社会経験が少ないため、思いつかないことも多いですね。

第二新卒にはどのようなメリット・デメリットがあるのか?を、まとめてみたので参考になれば幸いです。

 

企業が第二新卒を採用するメリット

・キャリアのある転職希望者より、社会経験が少ない分柔軟性に優れている

・まだ若いので、これから自社の風土にあわせられる

・能力に関しても、まだ未開発なので今後の大きな成長が期待できる

・新卒採用よりミスマッチが少ないため、退職割合が少ない

・社会人としての経験があるため、新卒者より社会人としての常識が備わっている

 

第二新卒のメリットを紹介する前に、企業側からして第二新卒を採用するメリットを知っておけば、第二新卒に何が求められているのかが分かります。また、第二新卒を採用する際、企業側がもっとも重視しているのは「入社意欲の高さ」です。

 

第二新卒のメリット

f:id:rakusyoku:20170425185542p:plain

・業界や職種に関係なく求人数が多い

・新卒の就職活動よりも競争率が低い

・第二新卒に特化した求人サイトも多い

・自分が本当にやりたい仕事を探せる

 

業界や職種に関係なく求人数が多い

社会人としてはまだまだ経験不足ですが、裏を返せば柔軟性があり、まだポテンシャルを発揮するのはこれからなので、求める企業は多い。

30代以降のミドル転職となると、年齢に応じた賃金を支給しなくてはいけないので、どうしても経験者が優先されますが、第二新卒であれば未経験でも企業からすれば何も問題ない。

企業側からすれば、仕事を覚える柔軟性があり、賃金を抑えられるといったメリットがあるため、若いからというだけでも採用するメリットは大きいので、業界や職種に関係なく第二新卒は優良企業も欲しがる。

第二新卒者側からすれば、求人数が多ければ良い条件の企業から選択できるのですから、メチャクチャおいしいですね。

 

新卒の就職活動よりも競争率が低い

新卒の時より、第二新卒で就職活動する人が圧倒的に少ないため、必然的に競争率は低くなります。

優秀だった人ほど、優良企業に就職できている確率が高いですから、そういった人たちは1~3年程度で辞めないため、優秀だった人との競争になりづらい。

そのため、第二新卒で優良企業に就職できる確率が高くなります。もちろん、自分のレベルにもよりますし、中には優秀な人もいるので、確率の話し。

また、「第二新卒の転職に有利な時期」も考慮しなければ、良い就職とならない場合もあるので注意しましょう。

 

第二新卒に特化した求人サイトが多い

企業側が多く求める人材は、よくある「求人サイト」にとっても収益に結び付くおいしい人材なので、サポート体制が整っている。第二新卒者からすれば、無料でたくさんの求人サイトからサポートを受けられる。

30代以降では登録できない求人サイトもありますし、キャリアアドバイザーの力の入れ方が違うため、様々なサポートを受けられるというのもメリットですね。

とくに転職エージェントは、採用が決まらないと転職エージェント側にお金が入らない仕組みなので、キャリアアドバイザーのサポートを最大限に活用できます。

 

自分が本当にやりたい仕事を探せる

卒業と同時に就職した時より、少なからず社会経験を積んでいるのですから、自分がどのような職種や業種に向いているのか、考えたうえで就職活動すればやりたい仕事に就きやすい。

実際に働いてみると、学生時代とはライフスタイルがガラッと変わるため、仕事に対する価値観も違ってきますし、新たな発見もあるので、自分が本当にやりたい仕事がみえてくるきっかけになるかもです。

 

第二新卒のデメリット

f:id:rakusyoku:20170425185511p:plain

・またすぐ辞めてしまうというレッテルを貼られる

・希望する企業が第二新卒を採用していない

 

またすぐ辞めてしまうというレッテルを貼られる

昔とは違い、現在では考え方や捉え方が変わってきているので、「第二新卒で転職=すぐ辞めるヤツ」とは思われないですが、人事担当者の中には少なからずそうした考えの人もいます。

第二新卒といっても、就職せず数年すごしての就職なら別ですが、またすぐに辞めてしまうのではないかと思われるのが、第二新卒で転職する最大のデメリットですね。

しっかりした退職理由のある人なら、配属された職場でも同僚などに堂々と答えられるので、そうしたレッテルは貼られないですが、そうでない人は仕事に対する真剣さでアピールするしか、打つ手がないですね。

 

希望する企業が第二新卒を採用していない

この企業に入りたいと思っても、そもそも第二新卒を募集していなければ、その願いがかなう確率はゼロ。

新卒採用であれば、どの企業も同時に募集し始めるため、希望する企業の募集がないという事態にはならないですが、仮に第二新卒を募集していても、求職時期と募集時期が合致しなければ同じこと。

どの転職サイトを利用するかにもよりますし、非公開求人で募集していることも多いので、あらゆる情報を入手する必要があります。

 

終わりに!

経験のない自分でも、「うまく転職できるのだろうか?」と大きな不安を抱える人がほとんどですが、いざ、転職活動を始めてみると「第二新卒を歓迎する企業が予想を上回っていた!」とおどろく人も多いようです。

未経験の職種や業種への転職に不安はつきもの。企業が第二新卒に求めているものは経験などではなく、これから伸びるハズのポテンシャルです。

企業側がもっとも重視しているのは「入社意欲の高さ」ですし、つまりやる気。ここを見誤らなければ、第二転職はメリットの方が大きいですね。

こちらも参考にしてください!