読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楽職

自分らしい楽しい職探しをサポートするブログ

第二新卒の転職に有利な時期はあるの?転職成功の予備知識!

f:id:rakusyoku:20170509140038p:plain

新卒の場合であれば、3月後半から4月1日までに入社となる場合がほとんど。就活のスケジュールは決まっているため、スケジュールに合わせて必要書類を提出すればいい。

しかし、第二新卒は1年を通して募集している企業もあり、いつから転職活動を始めてもいいため、自分都合でスケジュールの調整ができます。

 

それが逆に、いつから始めればいいのか迷うところでもあり、時期によっては転職に失敗する恐れもあります。

第二新卒にも最適な時期があり、それに合わせてスケジュールを立て必要な準備をしたいものですね。第二新卒に最適な時期と、ここだけは外したほうがいい時期を紹介します。

 

なぜ、ベストな時期とそうでない時期が存在するのか?

f:id:rakusyoku:20170425104409p:plain

たいていの企業は新しく入った社員に研修期間を設けています。

入社していきなり仕事なんか出来ないですからね、当然のことですが、新人に仕事を教えなければいけない。その前に社会人としてのマナーや会社のルールなども指導しなくてはいけない。

その為には研修に割く時間や人手が必要。新卒であれば4月から研修という期間を設けているので、手厚い研修を受けられますが、その他の時期に入社すると、まともな研修を受けることなく仕事をするハメになることも。

企業が繁忙期では時間も人手も割けない。

たった一人のために研修コストをかけられない。

なので、そういった時期に転職すると自分が苦しむことになり、企業側としても、それは出来るだけ避けたいところなので、転職者を迎え入れるための最適な時期は4月。そうした事情もあり、1月~3月は求人募集の件数も多くなっています。

 

1月~3月がベストな時期になる理由

f:id:rakusyoku:20170509140102p:plain

・企業の決算期は3月末に集中

・人事異動などでポジションに空きが生まれる

・新卒採用と研修期間をあわせられる

3月末を年度末としている企業は多く、1月~2月は決算のため多忙となりますが、決算期が落ち着く3月になると、求人が増えることが多い。

さらには部署異動なども3月から検討されることが多く、それに伴い人員が不足する部署が生まれる。出世して昇進すれば、下が空くため若手の人員が不足。

新卒採用と入社のタイミングが合えば、ほとんど企業コストをかけることなく研修期間を設けられるので、必然的に求人募集が多くなります。

転職者からすれば、同時期からスタートした仲間がいるのは心強いものなので、いろんな問題に直面した場合でも乗り切れる可能性が高くなるというメリットもありますね。

 

1月~3月以外で転職に向いている時期は?

f:id:rakusyoku:20170509140123p:plain

次に向いている時期は7月~9月。3月を決算期にしている企業は4月~9月が上半期となるため、求人募集が増える傾向。

求人数が少ない時期より、多い時期に転職活動するメリットは大きいですからね。

なぜ、この時期に増えるかといえば、新卒者がみんな仕事を続けられるわけではないですし、ボーナスが7月という企業が多いですから、ボーナス直後に退職するという人も多いため、どうしても人員が不足してくる。

とくに人の入れ替わりが激しい会社であれば、人事担当者は苦悩の日々を送っています。裏を返せば、そういった企業を選んでしまう可能性もあるため、とくに注意したい時期でもありますね。

 

転職に向いていない時期は?

f:id:rakusyoku:20170509140136p:plain

どの企業も4月から新入社員を抱え、新人の研修に人手を充てなければならないですし、部署異動などの引継ぎで多忙。

こんな時期に新たに採用すれば、人事担当者はあちこちから叩かれるのは必然。人事担当としての裁量が疑われるでしょう。

一般的に新入社員の研修期間は1~3ヵ月間、4月~6月までの間は来年度の新卒採用の面接時期とも重るため、転職活動には向かない時期です。

 

最後に!

今回紹介したのはあくまで一般論、業種によっては決算期が3月とは限らないですし、中小零細企業は別の時期が決算期だったりしますが、予備知識として覚えておけば役立つことでしょう。

第二新卒に有利になる活動時期は1~3月、4月に入社というのがやはりベスト。

転職に失敗しない為には、第二新卒に関わらず4月~6月までの間は、転職活動を控えたほうがいいですね!