楽職

自分らしい楽しい職探しをサポートするブログ

スムーズに会社を辞める際、必要となる5つのステップ

f:id:rakusyoku:20170430152430p:plain

いざ、会社を辞めるとなると、煩わしいステップを踏まないといけないですが、形式にそって行えば、そのストレスも軽減されます。

誰でも会社を円満に辞めたいと思うのは常。だけど、自然とそうなるものではない事くらいは分かっているため、どう進めれば良いのか迷う人も多いことでしょう。

また、「常識のないやつ!」なんて思われるのもイヤですから、うまく会社を辞めるために必要となる5つのステップを紹介します!

 

リクルートエージェント

 1. 転職活動を行う

f:id:rakusyoku:20170404205751p:plain

会社を辞めるのが先か、転職活動が先かといえば、だんぜん転職活動。辞めてしまっては、選択肢が少なくなります。

収入が絶たれると精神的にも疲弊していきますし、転職活動をすることで今いる会社の良い面と悪い面を整理でき、もしかしたら現職にとどまったほうがいいという考えに至る可能性も。

辞めてしまっては職探しという選択肢しかないので、焦って転職しても良い就職に繋がらないため、転職を繰り返すだけ。

求人サイトや転職エージェントに登録すると、数多くの求人情報を得ることができるので、まずは辞めると決めたら転職活動を始めてみましょう。

 

 2. 転職先が確実になるまで退職は伏せておく

転職先がほぼ決まったからといって、確実になるまでは上司や同僚に漏らすのは控えましょう。

健康診断などの結果しだいでは採用されない場合もあるので、そうなった場合は現職で働きづらくなります。

採用通知書が頂くまで、確実に入社できると決まるまでは、もしものことを考えて伏せておくことをおすすめします。

 

3. 退職理由を用意する

f:id:rakusyoku:20170329194143p:plain

退職を申し出るために必要となるのが辞める理由。一般的には「一身上の都合」でかまわないのですが、よほど必要とされていない場合を除けば、ちゃんとした理由を用意しなくては納得してもらえません。

かといって、不満をそのままぶつけても険悪になるだけ。円満退職からはかけ離れますし、そこを改善されれば辞めづらくなります。

「給料を上げる」「部署の異動を考える」など、さらに「人が入るまで待ってほしい」「今後の仕事はどうするんだ」など、とりあえず引き止められるため、面倒なところですね。

なので、個人的な理由がいちばん。「家族の都合」であれば、たいていの場合スムーズに事が運びます。「親の仕事を手伝う」「親の介護」「家族が病気」など、お互いにイヤな思いをしたくなければ嘘も方便。

ちなみに私の場合、本当に親の介護が理由の一つだったのですが、上司の上の部長さんに、「あ~すれば、こうすれば」などと言われました。

その部長も自分の親の介護中だったので、知識がある人には強い意志をもって臨まないといけないですね。

 

4. 直属の上司に退職したい旨を伝える

f:id:rakusyoku:20170329155154p:plain

物事には順序があり、それも退職となるといちばんに伝えるのは直属の上司。

中には上司がイヤで辞める人もいるので、上司をスルーして人事担当者にちょくせつ伝える人もいますが、退職話がこじれるだけ。スマートに退職手続きをしたいなら、直属の上司に退職したい旨を伝えるのがベスト。

もし、同僚から上司に漏れたりすれば上司は気分よくないですし、いくらイヤな上司であっても、会社の規約などもよく心得ているため、退職手続きをスムーズに進められます。

また、退職したい旨を伝えるのは退職予定日の1ヵ月前が一般的。法的には退職の意思を伝えてから2週間で会社を辞めてもOKですが、引き継ぎや残っている同僚のことも考えれば、1ヵ月以上前が理想。その会社の規約にもよるので要確認。

退職したい旨を伝えると同時に、仕事の引継ぎの計画も忘れずに。誠意を感じとってもらうために、前もって引き継ぐ提案ができるように準備しておきましょう。

 

 5. 退職届、退職願を提出する

退職届と退職願の違いって知ってました?厳密には違いがあり、

退職届は「この日に会社を辞めます」

退職願は「この日に会社を辞めようと思っています」

すでに上司との合意ができているのであれば、退職届で問題ないでしょうが、合意に至っていない場合は、「無礼なやつだ!」と思われない為にも、退職願のほうが無難です。

ちなみに、「辞表」は経営者や役員クラス、公務員が提出するものなので、間違えるとさらに失礼にあたります。

退職届と退職願の書き方は、会社のフォーマットがあればそれを使い、なければ基本的に便箋にペン書きが一般的。

白いシンプルな用紙に黒いボールペン(万年筆)で縦書き。封筒は白地の縦長の封筒を使用し、表の中央に「退職届」もしくは「退職願」、裏には部署名と氏名を書く。

f:id:rakusyoku:20170430150715p:plain

参照元:リクナビNEXT

 

円満退職には?

いちばん肝となるのが、退職に向けての話し合いですね。

その他は形式にそって淡々と進められますが、円満退職には上司との合意を必要とするので、心情的なところは上司しだい。会社によっては人事担当者との話し合いになる。

ここがこじれると、お互いにイヤな思いをしますし、退職後に同僚とのつながりも途絶えてしまいます。

引きとめる側は、あの手、この手とあらゆる施策を提案してきます。

自分の退職意思が強いことをアピールしたいがために、それらを突っぱねてしまいがちですが、初めから突っぱねるのではなく、「そうですね!」とうなずいてから否定しましょう。

相手も人間ですから、いきなり否定されれば向きにもなります。相手のいう事を理解しているという意志を示してから、否定するくらいの思いやりを持って臨めば、諦めてもらえます。

もし、その相手が上司なら、その上司も会社に評価されたいハズ。こうしたけど「このようにダメでした」と、上司がその上の上司に言えるようにしてあげれば、納得してもらえやすいです。

転職サイトDODAで求人探し