楽職

自分らしい楽しい職探しをサポートするブログ

すぐ転職するには?転職期間が長引くのは転職の準備が原因!

f:id:rakusyoku:20170409194044p:plain

転職活動を始めても、なかなか進まないという人も多いことでしょう。

転職活動のために必要書類を作成したまではいいが、企業の調査や選定、さらには面接対策にも万全を期さないといけないですから、時だけがどんどん過ぎていきます。

スケジュールを立てずに何となく進めていると、精神的にも疲弊してしまう。現在の仕事にも身が入らず、凡ミスをおかすことにもなりかねない。

計画性のない転職活動は1年以上有することもあり、そうなれば精神的にもつらいですし、何より良い転職とならない場合がほとんど。

何事もそうですが、準備があってこそ良い結果を得られるので、転職期間を長引かせないために必要な事はしっかり準備すること。そのスケジュールを立てられるかがポイント。ぜひ参考にしてみて下さい!

 

転職サイトDODAで求人探し

転職活動に有する一般的な期間は?

f:id:rakusyoku:20170409194344p:plain

一般的には、転職活動を始めてから内定を得るまでに3~4ヵ月といわれています。

これは1~2週間に一度は面接に行く時間の確保、毎日1時間ほど転職活動の時間を割ける人が対象となります。

毎日、求人情報を探して企業を調査したり、書類作成や面接準備をしたりするには、どうしても必要となる時間。

時間の確保は、より良い企業に転職するためには必ず必要となり、何も犠牲にしたくないけど、良い企業に転職したいというのは通らないですね。何かは犠牲になるものという思考にシフトしなければ、転職活動が長引くうえ、希望する企業に入るのは難しくなります。

しかし、どうしても転職活動の時間が限られる人もいます。その場合はできるだけムダを省く努力をすればいいだけのこと。だからスケジュールが大切になってきます。

 

スムーズに転職活動を進めるには?

曖昧な状態で転職活動してはいけない

f:id:rakusyoku:20170409194211p:plain

そもそも「転職したい!」という自分の気持ちに向き合っていないと、自分が何をしたいのか分からない状態では、サポートしてくれる人も意味不明。

すべての条件が整った企業など存在しないですから、自分がやりたいこと、就業条件、給料条件、自分のスキルをしっかり把握してからでないと、とうぜん転職活動は長引きます。

ですから、転職を考えるのであれば、まずは自分の適性を把握することが大切。

もちろん、やりたいことが「コレ!」って決まっているのであれば、それに越したことはないですが、せっかく転職するのであれば、自分を見つめ直すことをしてから転職活動したほうが早く決まります。

自分の適性なんて、自分では意外と分からないもの。なので、客観的な視点(他人に相談するなど)を加えることは大切です。

また、転職エージェントなどで転職のプロに意見も加えれば、転職の軸が定まりやすいので、早期転職が可能となります。

 

求人応募は1社ずつしない

企業も転職者をふるいにかけているので、転職する側も複数社を対象にするべき。

はじめから1社に絞って応募、結果がダメ、また次、という転職活動は時間をムダに浪費するのは必然。さらに、他社との比較もできていない状態で内定をもらったとしても、決断できない人が多い。

「もっといい企業があるのでは?」という考えが芽生えてくるので、結果として決めきれずに転職活動が長引く。もしくは後の後悔につながります。

そうならない為には、同時に複数の求人に応募するのがベスト。時間に縛られるなか、いくつも受けられないという人もいるでしょうが、ここだけは時間を割くべきところです。

書類選考の通過率はおよそ2割程度といわれており、20社程度に応募しても4~5社と面接に進めるくらいなので、面倒だと思わずにこれを基準にして考えましょう。

 

面接の日程調整が重要

f:id:rakusyoku:20170409194311p:plain

求人募集や企業調査、必要書類の作成などは、自分の都合で進められますが、面接に至っては相手の予定もあり、日程の調整が難しい。

基本的には9~17時あたりに面接する企業が多く、休みをとって面接に臨むことになります。しかし、企業側も転職者に時間がないことくらいは承知、ある程度は時間を考慮してくれる企業もあります。

これをうまく使わないと、有給が思い通りにとれない人は転職活動が長引いてしまう。さらに、有休をとって面接に臨むなら、同じ日に複数社の面接が受けられるように、こちらから調整することも怠らないようにしましょう。

 

転職のタイミングを把握すること

転職にはタイミングがあり、迅速かつ収入を減らさず進めるには、1年を通して求人数がもっとも多い時期、ボーナス後というタイミングは重要。

1月~3月と7月~9月は求人数が多くなる時期ですし、一般的な企業のボーナス後となるので、この時期に転職活動を始められるように、準備しておきたいですね。

ここで転職の流れを整理すると、準備⇒ 応募⇒ 面接⇒ 内定⇒ 退職⇒ 入社。

ですから、納得のいかないボーナスをもらってから転職活動を始めても、タイミングを逃すため、スケジュールは転職希望日から遡って3~4ヵ月前。このくらいから準備しておくと、精神的にも焦らずに済みます。

ただし、業種によっては求人数が多い時期が異なるので、そのあたりは踏まえておきましょう。

 

最後に!

何をするにしても準備があってこそスムーズに事が運ぶのですから、転職も例外ではないです。

私個人の経験からしても、タイミングもかなり重要だと感じており、一時の感情で動いた場合は失敗してますし、そうではなく、計画的に進めた時は精神的にも楽でした。

なので、準備期間を設けて自己分析をし、どの業種が自分にベストなのかも含めて、計画的に転職活動することをおすすめします!

リクルートエージェント