読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楽職

自分らしい楽しい職探しをサポートするブログ

入社1年目、仕事を辞めたい人が知っておくべき3つのこと!

f:id:rakusyoku:20170331210705p:plain

入社1年目で転職を考えはじめる新入社員は珍しくありません。むしろ多くて当たり前なので、自分がおかしいのではなく、健全な状態です。

まいにち仕事をしていれば、理不尽なことにぶち当たることが多くなりますから、大なり小なり誰もが「仕事を辞めたい!」といった考えに至るのはある意味自然なこと。

 

それが初めて会社勤めをはじめた新入社員であれば、想い描いてた環境と相反することの連続なので、後悔の念も沸いてきます。

統計でも、入社3年以内の離職率は30%以上。離職率の高い業種であれば50%にのぼり、理想と現実の違いに離職する人も多い。

とはいっても、せっかく就職した会社を「本当に辞めてしまってもいいのか?」という想いもあり、毎日もんもんとした生活を送っている人は数知れず。

そういった生活から抜け出すには、一度あたまの中を整理してみると今やめるべきか、そうでないか、ハッキリしてきます。後悔しない為にもここで整理してみましょう!

 

入社1年未満で仕事を辞めると転職は難しい?

f:id:rakusyoku:20170331210719p:plain

今では第二新卒という言葉が定着しつつあり、大手企業をはじめ、入社3年以内に仕事を辞めた人向けの転職枠があります。

若くて最低限のビジネスマナーも学んでおり、他社の色に染まっていないことから、多くの企業が第二新卒を求めているのも事実。

確かに企業側からすると、賃金コストが抑えられ、戦力になれば美味しい人材ですから、積極的になるのでしょう。

しかし、昔から言われていることですが、1年未満で退社に至った理由は必ず問われます。

そりゃ~そうですよね。我が社に入社しても「またすぐ辞めるのでは?」という疑念は時代が変わっても同じ。

中には退職理由を重要視しない会社もありますが、「とりあえず人材を確保すればいい!」という考えである可能性が高いため、私個人の経験からしても、理想から離れた会社に就職することとなります。

面接官を納得させるだけの理由がある人は、1年未満でも転職を有利に運べますが、実際にはそうでない人のほうが圧倒的に多い。

ですから、1年未満の転職は不利益を被る確率が高くなることは、頭の片隅に入れておきましょう。

 

残業や休日出勤が多いからといって辞めると損する?

会社の内情は入社してみないと見えない部分が多いですから、配属される部署によって、拘束される勤務時間が異なります。

たいていの面接官はこうした内情を濁す傾向にあるので、「部署によっては残業も」というのが通例ですから、入社して嫌な部分を受け入れざるを得ない。

しかしながら、勤務時間が長いというより、自分の裁量で仕事をコントロールできないほうが、嫌気をさす理由ではないでしょうか。

新人の頃は、上司や全体の進捗状況に振り回されるため、自分都合ではなくどうしても他人都合となってしまい、自分の想いを押し殺さなくてはいけない。

いくらガンバっても、貴重な時間を他人に預けるカタチになるので、嫌気がさすのはいたって普通ですね。

ただ、これを理由に辞めるのはもったいない。仕事に慣れれば、ある程度の時間管理は自分の裁量でできるようになり、残業や休日出勤をコントロールできます。

仕事内容によってはムリという場合もありますが、まだ状況判断すべき情報が少ない状態の1年未満では、正しい判断を下せない場合がほとんどです。

例えば、ゲームなど、好きなことであれば、何時間でも集中できてしまうのですから、残業や休日出勤を理由にするのではなく、他にもっと大きな理由があるハズ。そこを追求してからでないと、転職を繰り返すことになります。

 

精神面に不調が出てきたら辞めるべき?

f:id:rakusyoku:20170331210742p:plain

「会社に行くのがツライ!」理由は色々あれど、憂鬱な気分のまま仕事を続けるのは本当につらいものです。

肉体的な辛さは他人にも理解されやすいが、精神的な辛さはその本人しか分からないので、「やる気がない」「さぼり」だと思われることも。

まだ1年未満の新人の場合であれば尚更、ライフスタイルが一変して抱えるストレスも多くなるので、精神的にも病んでしまいがち。

そこは根性で何とかという考えもありますが、全ての新人が同じ根性を持ち合わせていない為、理解されずうつ症状になることもありますね。

現在ではそういったケアのために、長期休暇が許される企業も増えていますから、上司や総務担当の人に相談してみましょう。すぐにでも辞めたい気持ちはわかりますが、誤って辞めてしまうと収入にも困りますし、転職にも響きます。

ただし、診断書が必要になる場合がほとんどなので、まずは医師に相談ですね。

長期休暇が許されない企業であれば、自分の身体が壊れても会社は保証してくれないので、大病となる前に辞めることをおすすめします。そういった会社は一般的にブラック企業の可能性が高いで、辞めて正解です。

 

最後に!

新人の頃は「仕事が向いてない!」一言で片づける人もいますが、その根底にあるものは何なのかを分析して、次に活かす人とそうでない人では、その後の人生に大きな差となるのは明らか。

身体上の問題であれば別ですが、そうでないなら、わざわざ転職に不利となり得る選択をしないほうが賢明です。

仕事を続けるのか、辞めるかは自己分析してからでも決して遅くはありません。自分のことは意外とわからないものですから、相談できる相手を見つけることも大切ですね!