読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楽職

自分らしい楽しい職探しをサポートするブログ

上司と合わないから仕事を辞めたい!上司のタイプ別対策

f:id:rakusyoku:20170329193956p:plain

会社で理想の上司に出会える確率はきわめて低いですから、ほとんどの人が何らかの不満を感じていることでしょう。

精神的な負担が大きくなるにつれ、仕事を辞めたいと感じ始めますが、本当に辞めてしまってもいいのだろうか?と迷いも出ますね。

 

パワハラの感じ方、ガマンの限度も人によってまちまち。少なからず皆ストレスを抱えつつ仕事に励んでいるのですから、自分だけ逃避するのは何だか違う感じがする。

迷っているくらいなら辞めない選択をするべきですね。ただし、今と同じ思考と行動では何も好転しないですから、上司と合わない場合の対策を紹介します。

 

 

短気で怒りっぽい上司に対抗しない!

f:id:rakusyoku:20170329193942j:plain

上司に対して、「目には目を歯には歯を」みたいな考えを持つのは当然ですが、短気で怒りっぽい上司に罵倒されても、報復したいと考えるのはナンセンス。

そもそも短気で怒りっぽい人というのは、兄弟の末っ子である可能性が高いため、自分の感情に任せて表現しているだけ。自分の感情をコントロールできないケースが多く、そんな上司に対抗するのは賢い選択ではないので、さらなる悪化を招く。

なぜ、兄弟の末っ子が怒りっぽいのかといえば、ヒトの人格は幼少期に構築されるため、末っ子が怒ればどうしても周りの人は「こんなに怒っているのだから」と末っ子のいう通りに治めるケースが多くなります。

そうすると、怒れば自分のいう通りになる。と、その子の無意識レベルにインプットされてしまう。だから何でも自分の思い通りにならないと怒るのです。

それも猛烈に。1人っ子でも同様なことがいえますね。

そういった人に対抗して言い返したりしても、何のメリットも生まないのは必然ですから、上司を気持ち良くさせるには、… 従うです。

対抗せず従っていると、上司からすれば逆に本当に大丈夫だろうかと不安になるものです。その時に言いたいことをサラッと言えば、適度な関係を保てます。

言いたいことも言えず、感情的にはポジティブになれないかもですが、人間的には上司より上にたてるのですから、自身のストレス軽減にもなりますし、何より人間関係で成功しやすい人になります。

 

人のせいにするのが癖になっている上司には

f:id:rakusyoku:20170329194016p:plain

ヒトは誰でも人や物のせいにしたがる生き物。ですが、中にはそれが癖になっている上司もいます。

何かトラブルが発生すると、自分に非のない立ち振る舞い。問題を部下に押し付けてササッと逃げてしまう人は、自分の成長を自分で止めている人なので、2通りの対策があります。

1つは、上司と同じように自分の逃げ道を常につくっておく。

もう1つは、トラブルに立ち向かう。

上司と同じように、言い逃れを見つけるほうがだんぜん楽ですが、ほとんどのケースで自滅します。全ての上司ではないですが、逃げ足が速いから出世している人は多いハズ。

そんな経験豊富な上司と同じような行動をとったとしても、上司よりうまく立ち回ることは出来ず、同僚からも見放されます。

厳しい選択ですが、トラブルと立ち向かう姿勢は上司に好感が持たれるうえ、もしその場がうまく行かなかったとしても、必ず自分の成長につながります。

もちろん、すべて引き受けるのではなく、頻度としては5回に1回程度にしましょう。

 

理不尽な扱いを受ける上司には

f:id:rakusyoku:20170329194037p:plain

自分では、上司に好かれるよう立ち振る舞っているつもりでも、ある時から合わなくなったりすることもありますし、初めから、いけ好かない奴などと思われてしまう場合も。

上司も一人の人間、人の好き嫌いはあって当然。部下にとってはたまらないですが、つい、理不尽なことを言ってしまう場合もあります。

最初のうちはしょうがないと思いつつも、それが積み重なると自分は好かれていないことが分かり、どんどんやる気を失くしますよね。その際の対策としては3つ。

 

自分の悪いところを探す

f:id:rakusyoku:20170329194143p:plain

自分で考えても自分のことなど客観視できないですから、同僚などに自分の悪い点を指摘してもらいましょう。

「いやいや、自分の事だからわかっているよ」なんて勘違いしていると、上司とはどんどん険悪になるだけ。何ひとつ良いことはないです。

そもそも非のない人間なんて存在しないですから、というより矛盾だらけなのが人間。自身の視点ではうまく行かない事実があるのですから、一度誰かに相談してみましょう。

上手くやっている人を参考にする

理不尽な上司でも上手くやっている同僚はたくさんいるハズ。今までと同じ立ち振る舞いをしていても、何も変わらないですから、上手くやっている人を参考にすれば、見えてくるものがあります。

仕事と割り切る

いろいろ試しても、上司に嫌われ続ける場合もありますね。仕事でもそうですが、うまく行かないのは努力が足りないか、方法がほんの少しズレているかのどちらかです。

ましてや人間関係ですから、少しのズレを修正するのはけっこう難しいため、最終手段としては「会社は仲良しグループではなく、お金を稼ぐところ」と割り切ると、穏やかな気持ちになれます。

 

最後に!

同僚との人間関係なら、仕事に支障が出ない限り、辞めるところまで思いつめないでしょうが、上司では仕事にも影響してしまうため、いくらガンバって仕事しても、その成果が反映されないので辛いですね。

上司との関係が多大なストレスとなり、出社するのが憂鬱になってしまう。そんな状態が続けば、うつ症状を抱えることにもなります。

しかし、会社の中では人事異動もあり、一生おなじ上司となるケースはまれ。100人いれば100通りの考え方が存在するので、転職したとしても同様のケースが十分にあり得ます。

もうすでに「自分が壊れそう」というのでなければ、今の状況を変える楽しみを味わってはいかがですか。